日々の生活に取り入れたいことを気ままに発信しています

日本で梅雨のない地域はどこ?北海道と小笠原諸島では梅雨がない理由を解説!

2019/06/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

毎年梅雨のシーズンになるとムシムシ、ジメジメして気分も落ち込みますよね。
「雨が好き!」って人もさすがに毎日雨ばかり降ると憂鬱になってくるのではないでしょうか。

私も梅雨の時期は苦手なので
「梅雨なんてなければいいのに…」
と思ったと同時に以前日本には梅雨のない地域もあると聞いたことがあったのを思い出したので、そこはどこかと調べてみました。

梅雨がないなんて最高!と思いながら
「なんでないの?」
「ほんとうに全くないの?」
という疑問も湧き上がってきましたのでそのあたりも調べてみました。

梅雨がない地域はここです!

結論から言いますと梅雨のない地域は

  • 北海道
  • 北方領土
  • 小笠原諸島

の3つの地域でした。

そういえば北海道は聞いたことがありましたねー。

結構有名といえば有名ですが北方領土や小笠原諸島にも梅雨がないというのは意外でした。

梅雨の間だけでも北海道に移住、なんてことができたらいいなぁとふと思ってしまいました。

 

梅雨がない地域はなんでないの?その理由とは

北海道に梅雨がないことはわかりましたがその理由は何なんでしょう?

「梅雨」は「つゆ」または「ばいう」と読みますが、梅雨は梅雨前線(ばいうぜんせん)によって起こります。
梅雨前線は北からの冷たいオホーツク海高気圧と南からの暖かい太平洋高気圧の間にできます。
このオホーツク海高気圧からの冷たい風と太平洋高気圧の暖かい湿った風がぶつかり合ったところが梅雨前線になり上昇気流が起こって雲になり日本に梅雨をもたらします。

梅雨前線は2つの高気圧の勢力によって北や南に移動したりするのですが、北海道までは移動しないようです。
北海道には梅雨前線がやってこない!
そりゃ梅雨がないのも当然と言えば当然ですね。

ということは、北方領土や小笠原諸島に梅雨がないのも同じことが理由だとわかりますね。

 

北海道に梅雨はほんとうに全くないの?

 

日本に梅雨をもたらす梅雨前線は、北上するにつれて徐々に勢いが衰えます。
なので、北海道に梅雨前線が上陸することはほぼないと言えます。
そのため、北海道は梅雨のない地域とされていますが、ほんとうに全くないのでしょうか?

北海道に梅雨がないと聞いて、その時期の北海道はさぞかし晴れやかな日々が続いていると思いがちですが、調べてみたところ2週間くらい雨や曇りの日が続き、少し晴れてもすぐに雨になるような天気が続くことがあるそうなんです。

このジメジメとした季節を「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」と呼ぶそうです。

蝦夷梅雨は本州の梅雨のように激しい豪雨や高温度、高湿度に悩まされることは少なく、ただいつもより少し雨が多い時期という程度だそうです。

蝦夷梅雨は「梅雨」という言葉が使われていますが、本州のような梅雨前線が原因ではなく、オホーツク海付近で発生する高気圧によって、冷たくて湿った風が吹き込むことによって起こります。

なので、気象庁でも「梅雨」として定義されていないようです。

蝦夷梅雨は梅雨前線の動きには関係なく訪れ、本州の梅雨のように毎年訪れるものでもありません。
オホーツク海高気圧の風がいつから吹き始めるのかによるので、年によってあったりなかったりするようです。

梅雨前線が原因の梅雨とは違って、オホーツク海高気圧の風の影響を受けるのが蝦夷梅雨だということがわかりましたが、本州の梅雨と違って蒸し暑いということはなく肌寒いそうです。

結論として北海道に梅雨はありませんが「蝦夷梅雨」という梅雨らしきものがあることがわかりました。
蝦夷梅雨の期間は2週間程度だそうですが、旅行をする際は対策をした方がよさそうですね。

 

逆の沖縄はどうなの?

 

北海道とは逆の沖縄も梅雨がないように思われがちです。
私もどうなのかなと思ったのでついでに調べてみました。

沖縄にも梅雨はありました。

沖縄は本州に比べて梅雨入りがかなり早いです。
5月の上旬から中旬にかけて梅雨入りし、6月の中旬くらいに梅雨明けするようです。

本州が梅雨に入るころには沖縄は梅雨が明けてしまっているので、天気予報を見ても沖縄には梅雨がないと思ってしまうのかもしれません。

小笠原諸島は緯度的には沖縄と同じくらいですが位置的に梅雨前線にかからないため、梅雨がないということのようです。

 

まとめ

梅雨のない地域について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

梅雨がない理由を聞けば「なーんだ!そういうことか」と思われたのではないでしょうか。
知っているようで知らないちょっとした豆知識になっていただければ幸いです。

気象庁のホームページをのぞいてみていろいろ調べてみるのもおもしろいかもしれません。
自分の地域の梅雨に関する過去のデータとかも知ることができますよ。

気象庁ホームページ
それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© すぅぱぁ直子のどっと混むブログ , 2019 All Rights Reserved.