日々の生活に取り入れたいことを気ままに発信しています

家庭でそばをおいしく食べる方法は茹で方にあり!乾麺と生麺で違うの?

2019/12/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

そば好きの人は家庭でもおいしいそばを食べたいと思いますよね。

お店で食べるとおいしいそばも家庭で食べると「あれ?何か違う」ってことも…

そばをおいしく食べる方法はズバリ正しい茹で方にあります。

乾麺と生麺ではどう茹で方が違うのでしょうか。

家庭でもおいしくそばを食べるにはどんな茹で方をすればいいか乾麺、生麺別に探っていきましょう。

乾麺はまずい?

乾麺がまずいと感じるのはやはり茹で方が適切でないところにあります。

乾麺というとシンが残って粉っぽく感じ、お店で食べる手打ちそばとは違いすぎる…

そんな風に思われがちですがそれは茹で方が正しくなかったりするからです。

袋に書いてある指定の茹で時間だと茹で足りなく感じることがあります。

なので指定時間より若干長めに茹でると、麺の外側は茹ですぎで溶けたようになり妙に柔らかくなっているにもかかわらず中心部は粉っぽい味が残ったりします。

乾麺からすれば「もっときちんと茹でて!」ってことですよね。

ということで乾麺の正しい茹で方をご紹介します。

 

そば 乾麺をおいしく茹でる方法

 

安価に買える乾麺ですが、どうしても生麺に比べて風味や食感が落ちるというイメージではないでしょうか。

でも、乾麺も正しく茹でればとてもおいしくいただけます。

スーパーではいろいろな種類が売られていますし、とにかく比較的安価で日持ちがすることもうれしいところです。

買い置きができるのでちょっと何か食べたいときなどにも活躍してくれます。

まず、最初に基本ですが、

大量の湯で少量の乾麺を茹でる

これが最も大切なことになります。

家庭でそばを茹でる場合、どうしても小さめの鍋に無理やりたくさんの麺を突っ込みがちです。

これがおいしく茹でることのできない大きな原因。

まずは3リットル以上入る大きな鍋がを準備しましょう!

そばだけではなくうどんやパスタを茹でる時にも重宝しますので、家庭にひとつ大きな鍋を用意しておくと便利です。

1.鍋に八文目ほどの水を入れて沸騰させる

2.乾麺をパラパラと鍋に投入し菜箸で麺が重ならないようにほぐす

 

<ここでの注意点>

 乾麺を茹でるには、お湯が沸騰した状態を維持することが重要です。

 沸いている大量の熱湯の中を少量の乾麺がぐるぐると回っている状態が理想なので
 温度を下げないように注意して下さい。

 ずっと沸騰させ続けることが重要になります。

 

3.熱湯の中を乾麺がぐるぐる回っている状態を、指定の茹で時間保つ

4.茹で上がったら冷水でよく洗う

5.手早く水切りをしたら盛り付ける

以上が乾麺をおいしく茹でるコツになります。

少しまとめますと、間違った茹で方というのはまず、少ない湯に多量の麺を投入してしまうことです。

それをしてしまうと湯の温度が下がり、沸騰が止まってしまいます。

再び沸騰を始めるのは指定の茹で時間が近づいた頃でしょう。これでは茹で不足になってしまうのは当たり前です。

そばを湯に投入した直後から再沸騰を始め、茹で上がるまで沸騰させ続けることがおいしいそばをゆでる最大のポイントです。

他の麺と重ならないように、麺が泳ぐような状態を保ってあげましょう!

そば 生麺をおいしく茹でる方法

手打ちの生のそばは、乾麺とは違い茹で方に注意が必要です。

まず最大の違い、それは手打ちそばは、茹であがるまではとても切れやすいということです。

ですので、できる限りやさしく取り扱わなければいけません。

1.口の広い大きな鍋に水をたっぷり入れ沸騰させます。

2.沸騰したお湯にそっと麺を入れる

 

<ここでの注意点>

 生麺はお湯に入れる瞬間に切れたり固まったりしやすいので
 並べるような感じにそっと入れましょう。

 どぼんとまとめて入れることは決してしないように!
 固まってしまいます。

 一度にたくさん茹でないで一束ずつ茹でましょう。

 お湯に入れてからすぐには混ぜないように。

 箸で混ぜる場合も力任せに混ぜないで、麺に逆らわずゆっくりと混ぜてください。

 途中で吹きあがってきても指し水はせずに火を弱める等で対応しましょう。

 

3.1分前後茹でます

4.茹で終わったら冷水でよく洗う

5.よく水を切って盛り付ける

以上が生麺をおいしく茹でるコツになります。

生麺はとにかく最初から最後までやさしく扱うことが重要になります。

お湯に入れる時もやさしく、茹でている途中も麺に逆らわずゆっくり混ぜる、洗うときもごしごしせずにやさしくしてあげてください。

まとめ

家庭でもそばをおいしく茹でる方法をご紹介しました。

乾麺、生麺どちらも大きな鍋にたっぷりのお湯で茹でる…これが基本です。

どうしても家庭で茹でる場合は小さめの鍋に無理やり麺を詰め込みがちになってしまいます。

そこを気をつけていただくだけでもかなり上手に茹でることができると思います。

茹で上がった後のそばはすぐに食べましょう。

そばは盛ったらどんどん劣化していきますので、時間がたつとどんなにおいしいそばも台無しになってしまいます。

家庭でもおいしいおそばがいただけるとうれしいものですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© すぅぱぁ直子のどっと混むブログ , 2019 All Rights Reserved.