日々の生活に取り入れたいことを気ままに発信しています

葬式に子供や孫を連れていくときの服装や靴のマナー!靴下の色は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

葬式に参列する際、子供や孫を連れていくこともありますよね。
大人であれば喪服を着ますが子供や孫に喪服を用意している人はそう多くはないはずです。

訃報の知らせは突然来ることも珍しくなく、いざというときに子供や孫を連れて参列する場合、どうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。
葬式に相応しい子供や孫の服装、靴、靴下はどのようなものがいいのか探っていきましょう。


葬式に子供や孫と参列する際に注意すべき服装のマナーは?

子供や孫を葬式に参列させる際、必ずしも喪服を着用する必要はありません。
ならば、どのような点に注意して服装を選べばよいのでしょうか?

制服があれば制服で参列

「子供の正装は制服」という考え方が一般的であり、園や学校の制服があれば制服を着用します。
葬式の参列でも礼儀的に失礼になることはないので制服があれば制服で参列させましょう。
制服の場合、あれやこれや考える必要もないので余計な心配しなくてもいいですね。

中には色が派手だったり、あまりにも葬式の場にそぐわないデザインのものもあるかもしれませんが、そのような場合は無理に着ていく必要はありません。

制服の場合、付属しているネクタイやリボンなどが赤であるケースも多いですが、そのような場合は外した方がいいのか悩みますよね。
でも、制服はネクタイやリボンまでを含めた状態が正装になります。これらを外してしまうと着崩していることになってしまうので外す必要はありません。
男子の場合のネクタイは、どうしても気になるようでしたらネクタイだけ紺や黒に変えるのはいいでしょう。

制服がない場合は?

中学生以上であれば制服があることが多いですが、小学生や園児の場合は制服がないことも多いです。
そのような場合は、黒や白を基調に洋服を選ぶようにします。

男子はブレザーにズボンと白いシャツ、女子はブレザーにスカートと白いシャツが最も望ましいです。
ブレザーがない場合はあまりラフにならない程度のカーディガンなどでもOKです。何れも色は黒や紺、グレーにしましょう。
女子の場合ワンピースでもOKですが、こちらも色は黒、紺、グレーを選びます。

色だけでなく素材にも注意しよう

色は黒、紺、グレーなどにし、無地またはワンポイント程度の洋服を選びますが、ラフに見えてしまう素材は避けましょう。
ナイロンやフリース、デニムなどの素材はカジュアルに見えてしまうため、綿やウール素材のものを選びます。

長い髪の女の子は髪留めにも注意

長い髪の女の子の場合、ゴムで結んだりピンで留めたりしておきましょう。
子供用の髪留めはかわいい飾りがついているものが多いですが、葬式の席では黒や紺の飾りのないゴムで結ぶようにしましょう。
ピンなどもなるべくシンプルなものを選び、派手なものは避けてください。

乳児の場合は?

乳児の場合、黒や暗い色の服はあまりないと思いますので白い服でもOKです。暗めの色の服でもキャラクターや派手めの柄があるものはなるべく避けたいです。
明るめの色の場合は、薄い水色やオーガニック素材のベージュなど自然な落ち着いた色の洋服を選ぶようにします。

暑い夏の時期の子供の服装は?

葬式では露出を控えるのがマナーですので、大人は夏でも長袖の洋服を着用します。
子供も露出は控えますが、子供に夏の暑い時期に長袖は体調面でも心配ですよね。
子供の場合、半そでのポロシャツなどでOKです。ポロシャツは襟もついていますしあまりラフな印象も与えないので子供には適しています。
反対に襟がついていないものはラフに見えてしまうので、Tシャツ等は望ましくありません。

白、黒、紺などのポロシャツに男の子は黒や紺、グレーのズボン、女の子は黒や紺のスカートを合わせます。なるべく無地のものが望ましいでしょう。

また、たとえ子供とは言え、素足にサンダルはマナー違反になります。夏でも必ず靴下と靴を着用しましょう。

葬式にふさわしい子供や孫の靴、靴下は?

ここまで葬式に参列する際の子供の服装についてみてきましたが、子供でも黒を基調にして落ち着いた服装を選ぶということでした。
では、靴の方はどうすればいいのでしょうか。靴や靴下の気をつける点を見ていきましょう。

スニーカーでもいいの?

黒のローファーのようなフォーマルな靴が最適ですが、なければ子供の場合スニーカーでもよいです。
注意する点はやはり色。黒、紺などの落ち着いた色を選び、原色や明るい色、派手なデザインのものは避けましょう。

LEDが点滅するスニーカーやラインストーンなど光るものがついているスニーカー、ローラー付きのスニーカーなどは葬式には相応しくありません。キャラクターがついているものや音が出るものもやめましょう。
スニーカーでもOKですが、色とデザインは葬式に相応しいものを選ぶように心がけてください。

靴下はどうすればいい?‏色は?

葬式に参列する子供には必ず靴下を履かせます。上記にもお話しましたが、たとえ暑い夏でも素足にサンダルはマナー違反になります。
色は黒い靴下があればベストですが、なければ紺や白でもOKです。無地のものを選びたいですがワンポイント程度なら差し支えないので、柄などが入っていないシンプルなものを履かせましょう。

まとめ

いかがでしたか?
子供の場合、大人のようにきっちりとした喪服や全身を黒で統一することはなかなか難しいものです。
大人ほど気を使わなくてもいいですが、たとえ子供でも故人や親族に対して失礼がないようにできる限りの用意はしたいものです。

子供であっても色や素材、デザインに気を配り、葬式に相応しいマナーは守りたいですね。

参考になれば幸いです。

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© すぅぱぁ直子のどっと混むブログ , 2019 All Rights Reserved.