日々の生活に取り入れたいことを気ままに発信しています

葬式で履く女性の靴のマナーについて解説!ヒールの高さやストッキングについても

2019/06/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -

葬式に参列する際、喪服やバッグには気を遣っても靴に気を抜いてしまうと残念な結果に…
ついつい気を抜いてしまいがちな靴ですが、意外と目立つものですし周りの人にも見られています。

葬式にふさわしい靴といえば「黒い靴」を思い浮かべると思いますが、黒なら何でもいいというわけではなく細かな決まりやマナーというものがあります。
では、葬式にふさわしい靴とはどのようなものでしょうか?

マナー違反の靴を履いていって「非常識な人」と思われないためにも葬式にふさわしい靴を知っておきましょう。

足元のマナーは重要

普段「おしゃれは足元から」という言葉もよく聞くと思いますが、足元は意外と注目されているし重要なポイントでもあります。
葬式に参列する際も足元のマナーはきちんと整えておく必要があります。

喪服やバッグをきちんとしたものでそろえていても足元のマナーがなっていなかったら台無しです。

「足元なんて誰も見ていない」なんて考えはやめましょう。足元は思った以上に目立つものです。葬式に参列する際の靴のマナーもきちんと確認しましょう。

ファッション性は考えない

人が集まるところに出向く時はある程度きちんとした格好で行こうと思うものですし、ファッション性も重視するところでしょう。

でも、葬式に参列する際は流行などのファッション性は考えなくていいといえます。おしゃれやファッション性よりも葬式にふさわしい靴かどうかを第一に考えマナーを守った足元にする方が大事です。

黒なら何でもいいわけではない

葬式で履く靴といえば「黒い靴」を誰もがイメージすると思いますが、黒なら何でもいいわけではありません。

黒い靴と一言で言っても、いろいろなタイプがあり葬式にふさわしい靴もあればふさわしくない靴もあります。色だけではなく素材やデザイン、リボンや金具などの装飾品にいたるまで細かな決まり事やマナーがあります。

また、靴を脱いだ時に見える中敷きにも気を配る必要があるのです。
では、どのような靴がふさわしいのかみていきましょう。

葬式に履く靴の色は黒が基本

女性の靴はデザインも豊富なので黒なら何でもいいと場違いなデザインのものを選んでしまう可能性も。
ですが、葬式に参列する場合、飾りが少なく柄のない黒の靴を選ぶのが基本です。

シンプルな黒のパンプス

女性がフォーマルな場で履く靴はパンプスですが、葬式の場合シンプルな黒のパンプスを履きます。

ここで注意したいのが、先のとがったものやつま先が露出したものはよくありません。
とがったものは攻撃的に見えて印象が悪くなりますし、つま先が露出したものはカッジュアルな印象です。葬式の席では肌を露出することはよくないとされている旨もありますので注意しましょう。

茶色やグレー、紺の靴はNG

暗い色なら大丈夫だと茶色やグレー、紺の靴を選ぶのは葬式の席ではNGとなります。黒に近いこげ茶などもふさわしくありません。
黒一色の中の茶色やグレー、紺といった色はとてつもなく目立ってしまいますので、マナーとしては好ましくありません。
葬式に参列する際のマナーとして、靴の色は必ず黒を選びます。

中敷きの色にも注意

意外とおざなりになりがちな中敷きですが、靴を脱ぎ履きする機会もあります。
靴の中など誰にも見られないと油断していると、いざ靴を脱がなくてはならない場面に出くわし慌てることになります。
そうならないためにも中敷きも目立たない色のものを用意する必要があります。

中敷きも黒がベストですが、なければベージュやグレーなどでもいいので目立たない色を選びましょう。派手な色や柄物はNGです。
靴を脱いだ時に恥をかかないように中敷きもしっかりチェックしたいものです。

ヒールの高さは?

シンプルな黒のパンプスがふさわしいということはわかりましたが、ヒールの高さはどうなのかと疑問に思う人も多いと思います。

ヒールの高さはほんとうにさまざまですが、葬式の場合、高すぎても低すぎてもよくないとされています。高すぎると派手な印象になってしまいますし、低すぎるとカジュアルな印象が強くなります。

葬式で履く靴のヒールの高さは3㎝から5㎝が最も理想で一般的なマナーです。

ただ、これはあくまでも一般的なことですので、高齢者や妊娠中の女性などがヒールの低い靴で参列しても印象が悪くなることはないので、体調や状況に合わせて選ぶようにしましょう。

ストッキングはどんなのがふさわしいの?

女性の場合、葬式にふさわしいのは黒のストッキングで肌がうっすら透けて見える程度の薄さがよいとされています。50~60デニールくらいがいいでしょう。

上記の写真が50デニールのストッキングになります。うっすらと肌が透けて見えるちょうどいい厚さではないでしょうか。

タイツはカジュアルな印象になってしまい基本的によくないとされますが、冬の場合はいても差し支えない地域もありますので親族や周りに確認してみましょう。

葬式に相応しい靴の素材は?

葬式に最もふさわしい靴の素材は布です。避けるべき素材はワニ革などの革やエナメル素材です。

革は生き物の殺生をイメージするため、マナー違反となる場合がありますが、最近では控えめであれば革靴でもマナー違反にはならないようです。
とはいえ、ワニ革など型押しのものはNG。エナメル素材も光を反射する素材ですのでNGになります。

スエードやベロアもNG

スエードは殺生を強くイメージさせることに加えて、カジュアルな印象になるので葬式の席ではふさわしくない素材です。
また、ベロア素材もカジュアルになってしまうので避けましょう。

布、合皮、革でも光沢のないものを選ぶ

光沢の強い靴は葬式にはふさわしくありません。
布や合皮、革などの素材を使った靴を選ぶ際にも光沢が少ないものを選びます。

靴によってはエナメルでなくても強い光沢があるものもあります。たとえ黒でも光沢の強い靴は葬式では避けるべきです。

革靴のツヤは磨き方によっても変わってきますので、葬式に参列する際はあまり磨きすぎないように注意しましょう。

まとめ

葬式に参列する際の靴についてご紹介しました。フォーマルな装いに対して靴はほんとうに重要なポイントになります。
特に葬式の席では細かな決まり事やマナーがありますので、くれぐれも「非常識な人」などと思われないようにしっかりと知っておいてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© すぅぱぁ直子のどっと混むブログ , 2019 All Rights Reserved.