日々の生活に取り入れたいことを気ままに発信しています

ぶどうがおいしい時期でした。ぶどうの種類、選び方、保存方法は?

 
ぶどう畑
この記事を書いている人 - WRITER -

ようこそ!ぶどうが大好きすぎる直子です。

ぶどう畑

ぶどう畑

私、直子はぶどうが大好物であります。

ぶどうは、だいたい5~6月頃から店頭に並び始めますが、おいしい旬の時期は8月から10月初旬にかけてになります。

品種ごとに収穫時期も違い、産地によってもずれはありますが、個人的に9月頃が一番おいしい時期になるんじゃないかと思います。

ハウス栽培のぶどうですと、少し時期が外れても店頭に並んでいますが、やはり路地栽培のぶどうにはかなわないかなというのが直子の個人的な意見です。

ハウス栽培のぶどうは、どうしても酸味が強くなる傾向があるようです。

今年は、ほんとうにぶどうをたくさん食べました。

ぶどうの概要

ブドウの品種は多く、世界では10000種以上のぶどうの品種があるといわれています。

日本でも50~60種類ほどの品種があるとされていますが、今現在も品種の開発は日々されているようですね。

ぶどうは果肉の色によって「黒」「赤」「緑」の3つに分けられます。

黒系

ピオーネ

ピオーネ

黒系ぶどうでは巨峰、ピオーネ、ベリーAなどがよく知られていますが、濃い紫、黒っぽい紫色の厚い皮のぶどうをいいます。

その皮の色の濃さからもわかるように、「アントシアニン」が豊富です。大粒の実が特徴であり、果肉自体は緑色です。香りと味が濃厚なぶどうです。

赤系

デラウェア

デラウェア

赤系ぶどうでは安芸クィーン、甲斐路、デラウェアなどがありますが、黒系ぶどうよりも明るい紫色の皮が特徴です。

粒の大きさは安芸クィーンのような大粒の品種もあれば、デラウェアのような小粒もあり、品種によってさまざまです。

果肉は酸味が少なく糖度が高いので甘いぶどうが好みの人におすすめです。

緑系

シャインマスカット

シャインマスカット

緑系ぶどうではシャインマスカット、瀬戸ジャイアンツ、マスカット・オブ・アレキサンドリアなどのように、淡く明るい緑色の皮が特徴です。

緑系ぶどうは皮が薄くやわらかい品種が多いため、皮ごと食べられるものが多いのが特徴です。

直子は特に黒系の巨峰やピオーネが大好きです。

巨峰の方は酸味がありますが、果肉がやわらかい品種です。ピオーネは巨峰より果肉がしまっていて甘味があります。

今年は変わった品種のものも何点かいただきましたが、その中でもちょっとはまったのが

「雄宝(ゆうほう)」という品種。

雄宝

雄宝(ゆうほう)

天山とシャインマスカットを掛け合わせたぶどうだそうですが、ほんとにおいしかったです。

「これぶどう?」って言うくらい粒が大きくて一口では食べれませんが、皮ごと食べられますのでかじりつく感じで食べてました。

そしてまた「これぶどう?」って言うくらい果汁が滴る感じで、味は梨に少し似ていてあっさりしていました。

機会がございましたらぜひご賞味くださいませ。

ぶどうの選び方

おいしいぶどうの見分け方としましては、粒に張りがあり軸が太く青いものを選ぶとよいでしょう。

軸が茶色いものは、収穫してから日がたっていて軸から実が落ちやすくなっています。

陳列されているぶどうの果皮に白っぽい粉が付着しているのを見たことがありませんか?

「カビがはえてますよ!」なんてクレームがときどきあるそうですが、それは水分の蒸発を防ぐための「ブルーム(果紛)」というものです。

この粉がまんべんなくついているぶどうは鮮度がよい証拠なんですよ~。

ぶどうの保存方法

ぶどうはあまり日持ちしないのでなるべく早く食べるようにしましょう。

保存する場合は、新聞紙やラップで包むか、ポリ袋に入れて冷暗所か冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

果皮についた白い粉、ブルームは鮮度を保つ役割があるので食べる直前まで洗い流さないようにしてください。また、ブルームは食べても大丈夫です。

少し長く保存する場合は、ハサミで一粒ずつカットして保存袋や密閉容器に入れて冷蔵してください。

カットする際は、粒にふたをするという意味でもぶどうの軸を少し残すことがポイントになります。水分の蒸発が防止でき鮮度が保たれます。

まとめ

ぶどうはほんとうにいろいろな品種があり、それぞれによって特徴も味も異なります。

正直、あまり果物好きではない直子ですが、ぶどうだけは買ってでも食べます。少々高くても買います。ほんとに大好きなんです。

スーパーによって取り扱うものは違うでしょうが、そこは担当者の計らいになってきます。

品揃えによってそこの担当者の顔が見えてきたりするので、ちょっと視点を変えてそういう見方をしてみるのもおもしろいですよ~。

それでは、
今日もスーパーマーケットでのお買い物をお楽しみくださいませ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© すぅぱぁ直子のどっと混むブログ , 2018 All Rights Reserved.