日々の生活に取り入れたいことを気ままに発信しています

スーパーマーケットのパート社員、直子の担当は販売部門とレジ部門です

2019/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ようこそいらっしゃいませ!スーパーで働く直子です。

現在、直子はスーパーマーケットでパート社員として働いています。

はい、決して正社員ではありません。パート社員です。

厳密には同じスーパーマーケットで二つの部門を掛け持ちして、アルバイト社員、パート社員というふたつの顔で働いています。

 

アルバイトは日配部門と食品部門を担当

スーパーでの陳列

 

アルバイトとして勤務するのは早朝7時30分からの品出しから始まります。担当は和日配です。

和日配といっても「?」となる方もいると思うので簡単に説明します。

日配部門(チルド)は和日配と洋日配に分かれます。

スーパーにかかわりのない方には聞きなれない言葉だと思いますので読み方も言っておきます。

和日配はわにっぱい、洋日配はようにっぱいと読みます。

直子が担当する和日配とは主に豆腐やちくわ、麺類や天ぷら、納豆など文字通り「和」な感じの食材を扱います。

反対に洋日配とは牛乳やチーズ、ヨーグルトなどちょっと「洋風」なものを扱っています。

朝の7時半からの出勤って「早っ!」と思われるかもしれませんが、実質7時過ぎにはもう現場に入ってます。

開店が朝9時なので、それまでに納品されてきた商品を並べないといけないわけです。

はっきりいって戦争です。

棚に何も残っていないと並べやすいですが、何も残ってないなんてことはほとんどなく、大抵は日付の古いものとの入れ替え作業が発生します。

正直、これがかなり面倒くさい作業でして時間も要するわけです。

しかしながら並べ方ひとつで売れ方が変わってくることもあるので、いろいろと工夫しながらきれいに並べるように心がけております。

スーパーマーケットにお買い物に行かれた際、何気にきれいに陳列されている日配商品ですが、商品たちが勝手に並んでくれるわけではなく、朝早くから髪を振り乱して並べている私たちのことを思い浮かべていただけるとうれしく思います。

無事に日配の陳列が終わると食品部門に移動し、主に品出しと前だしを行います。

 

パート部門はレジ担当

レジ打ち

 

パート社員として勤務しているのがレジ部門になります。

始めた頃は、スキャンこそバーコードでしたが釣銭機もなく人間の手でお金を扱うタイプのレジでした。

そのため、よく違算が出ていました。1000円まででしたら部門のマネージャーに報告で処理しますが、1000円以上出てしまうと始末書を書かなくてはいけません。

5000円以上出てしまうと、やたら大きな用紙が登場し、本部にまで行く始末書を書かなくてはいけません。

その後、釣銭機の導入で違算はほとんど出なくなりました。

現在は、清算自体はお客様自身にしていただくタイプになっております。

スーパーによって異なるとは思いますが、直子が勤めるスーパーは

  • 販売
  • レジ
  • 青果
  • 精肉
  • 水産
  • 惣菜

と、大まかに分けるとこの6部門で成り立っています。

店長、副店長を筆頭に各部門はマネージャーが取り仕切ります。

直子は販売部門とレジ部門に在籍していますので、主にこれらの部門の仕事内容や商品の紹介などをしていきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© すぅぱぁ直子のどっと混むブログ , 2018 All Rights Reserved.