映画

キングダムの楊端和(長澤まさみ)の太ももが美しすぎ!美脚の理由についても

映画「キングダム」では秦の大王・政が弟の反乱によってピンチに立たされます。

そこで助けを求めたのが山の王・楊端和。

知っている人も多いでしょうが知らなかった人はびっくり!

なんと楊端和は美しい女性だったのです。

その楊端和を演じたのが長澤まさみさん。

あまりの美しさに目が釘付けになった人も多いのではないでしょうか。

特にチラチラ見える美しい太ももが話題になっています。

今回は長澤まさみさんの美しい太ももや美脚の理由についてお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

キングダムの楊端和(長澤まさみ)の太ももが美しすぎ!

長澤まさみさんと言えばその美貌とスタイルの良さは皆さんも十分ご存知ですよね。

その美貌とスタイルの良さが際立っていたのがこのキングダムでの楊端和ではないでしょうか。

長澤まさみさんはキュートな役やスタイリッシュな役などどんな役でもこなされますが、個人的にはこの楊端和の役が一番ハマってたと思います。

実際にこの映画で楊端和が登場してからというものの長澤まさみさんの美しい太ももしか見ていない…

馬にまたがっているシーンや突進するシーン、戦っているときなどにちらちら見える太もも。

いやぁ…あれだけ美しい楊端和が甲冑の隙間から太もも見せたら誰だって目が行くでしょう…

太ももであれだけのエロスを表現できる長澤まさみさんにあっぱれって感じですね!

あまりの美しさと役に溶け込む彼女に女の私でさえ惚れてしまうほどでした。

が、個人的に欲を言うと、もう少し声に凄みが欲しかったかなぁと…

楊端和は山の民を統括する王なわけですから、あの美しさに声の凄みが伴えばもっとよかったかなと…

その点では長澤まさみさんの声はかわいすぎたってことでしょうか…

長澤まさみさんの太ももについてはネットでも話題になっているようですので次にネットの声をみていきましょう。

キングダム長澤まさみの太ももにネットの声

いやいやいやいや…

ネットを見てみると長澤まさみさんの太ももの話題がてんこ盛りでびっくり!

やっぱりあのチラチラ見える太ももって……

キングダム長澤まさみの二の腕と脇にも目が行く

楊端和に扮した長澤まさみさんの太ももに目が釘付けになりましたが、実は二の腕、脇も目が行くポイント!

とにかく二の腕がきれい…

そして剣を振り上げた時にチラ見えする脇はエロさ爆発。

女の私ですら見惚れてしまうほどなので世の男性たちは楊端和出現以降、長澤まさみさんのチラ見えする太もも、二の腕、脇しか見ていなかったこと間違いなしですね。

チラチラしか見えないところがそそられるんですよね~きっと…

映画キングダムでは長澤まさみの美しさが際立った

映画キングダムで大きく印象に残ったのは何と言っても長澤まさみさんの美貌。

漂と政を演じる吉沢亮さんの妖艶な感じも目を引きましたが、楊端和演じる長澤まさみさんの美しさにはもう脱帽でした。

個人的には信を演じる山崎賢人さんは線が細すぎてちょっと迫力に欠けていた感があったかな…

でもあれだけの美脚を維持されている長澤まさみさんは日頃どんなことをされているのか気になりますよね。

次に長澤まさみさんの美脚の理由について探ってみました。

長澤まさみの美貌や美脚の理由

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

strawberry♡(@masami_nagasawa.63)がシェアした投稿

長澤まさみさんは身長168㎝で股下80㎝だそうです。

めっちゃ足長いですね!しかもめっちゃきれい…

その美脚を維持するためにはどんなことをされているのでしょうか。

美脚を保つには人に見られること

長澤まさみさんは人に見られることが美脚を保つ秘訣だと語られています。

お仕事柄、そのあたりの意識は断然高いでしょうが子どもの頃からミニスカートやショートパンツで脚を出すことが多かったそうです。

今でも脚が見える服装を多くされていますし、やっぱり人に見られることを意識するって大事ですよね。

正座や脚組みをしない

長澤まさみさんの脚がまっすぐできれいなのは、お母さんができるだけ正座をしない環境で育ててくれたからだそうです。

脚組みもしないように心がけておられるそう…

ついつい脚を組んでしまう人、多いのではないでしょうか。

私もすぐに脚を組んでしまう癖があります。

O脚の原因になったり脚の形によくないのでできるだけ脚組みは避けたいところです。

そのような誰でもできるところを徹底して意識されている長澤まさみさんはさすがですね。

でもそれだけで美脚を維持されているわけではなく、やはり運動やピラティスを欠かさない等、人知れぬ努力もされています。

ピラティスは3年以上続けている

ジムとピラティスで運動は欠かさない長澤まさみさん。

ピラティスは3年以上も続けられているそうです。

ピラティスとは正しい骨格を意識しながら体幹の筋肉を整えるというもの。

インナーマッスルを鍛える運動とも言えます。

私もピラティスは挑戦したことがありますがかなりキツイ…

これを3年以上も続けておられるとはすごい!

こういった努力も美脚を維持する上では欠かせないことですよね。

お家でできる簡単なエクササイズもネットで検索するといろいろ紹介されていますので、私たちもぜひ挑戦してみたいですね!

ストレッチを欠かさない

長澤まさみさんは、美脚を保つために毎晩20~30分のストレッチも欠かさないそうです。

年齢と共にどうしても衰えてくるスタイルを維持するためには、毎日ストレッチを続けることが大事だと語っておられます。

この毎日続けるということができそうでなかなかできないところ…

そんなところもクリアされている長澤まさみさんはまさしく美脚のプロと言えるでしょう。

ストレッチは血行を促し硬くなった筋肉をほぐしてくれ痩せやすくきれいな脚にするための準備でもあります。

毎晩習慣にされているストレッチにより、日頃のエクササイズがより一層効果を発揮されているのですね。

ストレッチをするとほんとうに体が軽くなります。

ぜひ日頃の習慣にしたいものです。

お風呂に日本酒

長澤まさみさんの美貌や美脚の秘訣は日本酒をいれたお風呂に入ること。

コップ一杯の日本酒を40度の湯船に入れて20分半身浴すると、体がポカポカと温まりデトックス効果もあるそうそうです。

すぐにできることなので早速試してみたいですね!

このように長澤まさみさんは美貌と美脚維持のために日頃の努力は欠かされないようです。

キングダムで楊端和を演じる長澤まさみさんが甲冑の隙間から見せる美しい太ももが世間を騒がせたのにも納得できます!

まとめ

映画キングダムで楊端和演じる長澤まさみさんの美しさ!

チラ見えする太ももや二の腕、脇には大注目です。

スタイルの良さには定評がある長澤まさみさんですが、キングダムでの楊端和はほんとうにハマり役だと思いました。

何度でも観たくなるほど美しかった…

最後までお読みいただきありがとうございました。