日々の生活に取り入れたいことを気ままに発信しています

キッチンハイターでのつけおきの正しいやり方を解説!ベストな時間と一晩の長時間放置はNG?

2020/03/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キッチンハイターは知らない人はいないと言ってもいいほど、どの家庭にもあるものではないでしょうか。
食器やまな板、ふきんなどの除菌や漂白に大活躍してくれる主婦の味方です。

茶渋やまな板に入り込んでしまった汚れがきれいになるととても気持ちがいいですね。

でも、キッチンハイターでのつけおき、正しいやり方って知っているようで知らない人も多いのではないでしょうか。
そしていったいどのくらいの時間つけおくのがベストなのか疑問に思ったことないですか?

私はいつも長い時間つけたほうが効果があるような気がして、割と長めにつけてましたがそんなに長い時間つける必要はなさそうですよ…

では、キッチンハイターでの正しいつけおきのやり方と時間についてみていきましょう。

 

 

キッチンハイターの正しい使い方

キッチンハイターは、塩素系の台所用漂白剤です。
塩素系の洗剤は酸性の洗剤やアルコール類などと混ぜると有毒ガスが発生する危険性がありとても危険です。

製品に書かれている
まぜるな危険
の文字はよく目にしますよね。

使用する際は、十分に注意しましょう。

また、原液では使わず、表示通りに薄めて使います。

直接手につかないように掃除用手袋をして作業するのがおすすめ。

衣類などに液が飛んでしまうと、そこだけ色落ちしてしまうのでそのあたりも注意が必要です。

ふきんやおしぼり

<除菌・消臭の時の使い方>
5Lの水にキャップ約1.2杯のキッチンハイターを混ぜ、約2分つけおきしたあと水でよくすすぐ。

<漂白の時の使い方>
5Lの水にキャップ約1.2杯のキッチンハイターを混ぜ、約30分つけおきしたあと水でよくすすぐ。
汚れがひどい時は、つけおき時間を少し長くする。
あまり長くすると生地が傷むので注意!

まな板や食器

<除菌・消臭の時の使い方>
5Lの水にキャップ約2杯のキッチンハイターを混ぜ、約2分つけおきしたあと水でよくすすぐ。
まな板はつけおきしにくいので、液に浸したふきんやキッチンペーパーで湿布するようにするといいですよ。
あと、まな板などはキッチン泡ハイターが簡単で便利です。

<漂白の時の使い方>
5Lの水にキャップ約2杯のキッチンハイターを混ぜ、約30分つけおきしたあと水でよくすすぐ。
まな板や食器類は多少長めにつけおきしても大丈夫なので、汚れがひどい時は時間を長めに。

<冷蔵庫の中の使い方>
5Lの水にキャップ約2杯のキッチンハイターを混ぜ液を作る。液につけおきした布を絞り冷蔵庫の中を拭き取る。
仕上げに水拭きする。

 

つけおきのベストな時間は?

つけおきのベストな時間とはどのくらいなんでしょう?
私はあまり何も考えずに適当につけていましたが表示を改めて見てみると・・・

除菌と漂白ではつけおき時間が違う

私も深く考えたことはなかったのですが、除菌と漂白ではつけおきの時間も違うんですね…
除菌だけだと約2分でOKみたいですよ。漂泊の場合も約30分と表示されています。

知らなかった…
裏の説明書なんて見たことなかったです…
きちんと見ないといけませんね。

長くつけたからといって大きな問題はなさそうですが、無駄に長時間つける必要はなさそうです。

特にふきんなどの布製品は長時間つけると生地が傷んでボロボロになりやすくなります。
タオル生地などはほんとうにすぐボロボロになってしまいます。(経験済み)

陶器などは長めにつけおきしてもさほど問題はないですがせいぜい1~2時間程度を目安にしましょう。

一晩の長時間放置はNG?

キッチンハイターに一晩中つけていることもあるという人も多いのではないでしょうか。

私も何度かありますが、時間とともに効力は薄れ、塩素は抜けていくので全く意味がなく、長時間放置はやめたほうがよさそうです。

特に布製品はボロボロになりますのでNG。
他のものも素材が変色してしまう可能性があるのであまり長時間つけておくことは感心できません。
表示通りの時間つけおくことが最善だと言えるでしょう。




 

使えるものと使えないものを把握しておきましょう

キッチンハイターは使えるものと使えないものがあります。
使えるものと使えないものの把握はしっかりしておきたいところです。

<使えるもの>

  • 色・柄のないふきんやおしぼり
  • プラスチック製品(メラミンは除く)
  • シリコン製品
  • ナイロン製品
  • 陶器
  • ガラス器
  • 木・竹製品

<使えないもの>

  • 色物・柄物の繊維製品
  • 金属製品
  • メラミン食器
  • 漆器
  • 獣毛のハケ
  • 水洗いできないもの
  • 塩素系は使えないと表示があるもの

 

キッチン泡ハイターも有効に使おう

キッチンハイターは液体タイプ泡タイプがあります。
成分は同じで用途も同じですが濃度が違います。

キッチン泡ハイターはそのままシュッシュュと吹きかけて使います。
まな板や排水溝、キッチン周りの溝などつけおきしにくいところに最適です。

液体タイプに比べて、液ハネの危険性が増しますので、使用目的以外の場所に飛び散らないように注意しながら慎重にスプレーしましょう!

まとめ

いかがでしたか?
キッチンハイターを使うと食器などの汚れがきれいに落ちてピカピカになります。
まるで新品のようにきれいになって気持ちがいい!

でも意外と短時間で効果はあるようです。
今までひと晩つけおきとかしていましたが、それはやめたほうがよさそうです。

何かと便利なキッチンハイター。

正しく使えば最強のキッチンハイターで台所まわりのものはいつもピカピカです!
気持ちいい~~

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© すぅぱぁ直子のどっと混むブログ , 2019 All Rights Reserved.