トレンド

新庄剛志はなぜ現役復帰するのか?伝説の仰天エピソードもすごかった!

元プロ野球選手の新庄剛志さんが13年ぶりに日本プロ野球界への現役復帰を目指すことを宣言されました!47歳という年齢での復帰とは…さすが新庄剛志さん!でも、なぜ現役復帰されるのか気になりますよね。

これまで驚きのパフォーマンスや奇抜なファッションなどで数々の伝説を作ってきた新庄剛志さん!
超個性派の彼ならではの理由があるのでしょうか。

新庄剛志はなぜ現役復帰するのか?

新庄剛志さんの現役復帰宣言に驚きを隠せないファンも多い中、応援したいとの声も多数上がっていますよね!

私も応援したい人の中のひとりですが、なぜ復帰するのか気になって調べてみると、新庄剛志さん本人がSNSで復帰理由を語ってくれていました。

そんな彼の言葉に「さすが新庄!」となんだか勇気をもらいました。

「夢はあるけど挑戦できないまま人生終わってる」
そんな人たちに向けて99%無理でも1%のチャンスがあれば必ずできることを伝えたい。

それが復帰の大きな理由でした!

元々現役復帰を考えていたわけではなく、朝起きて2秒後に思い付きすぐに公表しちゃったという破天荒ぶりな所もさすが!とうならされます。

  • 勘と経験と度胸
  • 思ったらすぐ行動
  • 言ってしまったらやるしかない

と、いうことが大事だと新庄剛志さんは語っています。

同じく元プロ野球選手の清原和博さんが「ワールドトライアウト」の監督に就任したことを知り、自分にも何かできることがないかと考えていたそうですが、まさかのプロ野球選手になろうと思うところがどこまでも新庄剛志さん…

もうさっそくトレーニングを始め、7キロランニングして足がつったと笑いながら話されています。
ここからの地道なトライが自分を救うし皆の勇気になると言われ、彼の固い決意の様なものを感じさせられました。

影の努力と気合い、自分に勝つことが一番だと語る新庄剛志さん。

「自分に勝てば誰に負けてもいい!」と素敵な言葉も残されています。

「応援してくれとは言わないけど楽しんでほしい」
そんな謙虚な姿勢もみせられています。

「99%無理な俺だけど1%の可能性に挑戦しよう!」

それが現役復帰するにあたっての新庄剛志さんからの熱いメッセージです!

伝説の仰天エピソードまとめ

13年ぶり47歳にして現役復帰を宣言された新庄剛志さんですが、過去には数々の伝説や仰天エピソードがあります。

守備では世界一の実力

新庄剛志さん自身も守備では世界一の自信があると言っていますが、実力は本物。
メジャーリーグでは「ロケットアーム」と呼ばれた強肩でゴールデングラブ賞を10回受賞しています。
度々みせるダイビングキャッチなど魅せる才能にも長けていてメジャー屈指の外野手と言われていました。

サヨナラ満塁ホームランを取り消される

2004年、選手会は1リーグ制構想に反発しストライキを断行。スト明けの最初の試合が日ハム VS ダイエー戦でした。野球界の暗い雰囲気を吹き飛ばす点の取り合いの試合になり、12対12で迎えた9回裏、2アウト満塁の場面で打席に立ったのが新庄剛志さん。

この場面だけでも彼が何か持ってるなってことがわかりますが、それだけでは終わらず、なんと劇的なサヨナラホームランを放ちます。さすがスター選手ってところですが、彼はそこでも終わらせません。前を走っているランナーと抱き合い、くるっと反転してしまいます。

これが前のランナーを追い越したと判定され、この感動的なホームランが取り消され、サヨナラヒットになってしまいました。。。

こんなことあります?
新庄剛志さんしか成し得ない技(?)というしかありませんね!

オールスター史上初のホームスチール

2004年オールスターゲームでのこと。

バッターが空振りをしてキャッチャーがピッチャーに返球した瞬間に3塁にいた新庄がホームへダッシュ!これが成功してオールスター史上初の単独ホームスチールとなったのです。
こんなことをやってのけるのも新庄剛志さんならでは…

敬遠されてるのにサヨナラヒット

これは新庄剛志さんの逸話で語り継がれていることだと思いますが、なんと敬遠されているのに敬遠球にバットを合わせにいきサヨナラヒットにしてしまうという…

1999年の対巨人戦、4対4でむかえた延長12回裏、一死一三塁の場面でバッターボックスに立った新庄。
この日、3安打と調子が良かった新庄に対し、巨人は敬遠を選択したのですが…
この場面は今でも目に焼き付いたままになっています。

こんなことする人います?
これも新庄剛志さんしかできない技ですね!

始球式で打つ

野球の始球式では有名人が球を投げて、バッターは空振りするのがお決まりですよね。
ところが新庄はきっちり打ち返してヒットにします…
これも彼ならではの魅せるパフォーマンスと言えますね!

スポンサーリンク

 

二刀流もこなす

当時の野村克也監督が新庄の強肩ぶりに、キャッチャー経験者としてどんな球を投げるか興味がわくとピッチャー起用したことがあります。
対巨人のオープン戦で新庄が登板し三者凡退に抑えています。しかし、この試合で足を痛めたことから二刀流をこなすことはなくなりました。

新庄さんが言うには足を痛めたというのは嘘で、あまりにも簡単に抑えられるのでピッチャーは面白くないという理由で二刀流はなくなったんだとか…

シーズン序盤に引退発表

新庄剛志さんが現役を引退したのは2006年。
シーズン序盤の2006年4月、東京ドームのオリックス戦でシーズン1号ホームランを
「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニフォームを脱ぎます打法」
と命名。開幕直後にもかかわらず、今シーズン限りでの現役引退を表明しています。

改めてヒーローインタビューで引退宣言をすると、一気にマスコミから注目されることに…
新庄剛志さんの言動は「新庄劇場」として話題になり、ファンや球団から引退を引き留められ続けたといいます。
しかしながら新庄剛志さんは撤回することなくチームが日本一になったところで有終の美を飾りました。

美容整形も

新庄剛志さんは自分が整形していることもテレビ番組などで包み隠さず語っておられます。
「歯を全部抜いてインプラントにして2000万円かかった」とか「目はやってます」などなど…
ある日突然新庄剛志さんの歯が真っ白になっていてびっくりした記憶がよみがえります…

「しくじり先生」で話した仰天エピソード

以前、テレビ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」で自らの失敗談も話されていました。
現役時代は野球以外にもテレビやCM出演などで膨大な収入があった新庄剛志さん。
「野球はマジでバイトみたいなものだった」という仰天コメントも!

その膨大な金銭の管理を信頼していた会社経営者に任せっきりにしていたところ、流用されてしまい裁判沙汰にまでなりました。損害額は22億円とも言われていますが戻ったのは8000万円だけ…
騙されていたことを知った新庄剛志さんによる教訓は「一番悪いのは、他人に金の管理を任せた自分」というものでした。

元妻でタレントの大河内志保との離婚の際も「今日からバリ島に住むことに決めたので、離婚しよう」とメールだけで済ませたという…

阪神時代、野村克也監督が「宇宙人」と呼んだエピソードがありますが、まさに宇宙人以外例えようがない新庄剛志さんですね!

まとめ

新庄剛志さんはなぜ現役復帰するのか?やこれまでの伝説や仰天エピソードについてお話しましたがいかがでしたでしょうか。
来年のトライアウトに向けて本格的に始動されるとのこと。またきっと世間を驚かせることをやってくれるはずです。そんな新庄剛志さんから目が離せませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました。