映画

【マスカレードホテル】さんまはどこの場面に出てる?出演理由はキムタクが関係してる?

映画「マスカレードホテル」が地上波で放送されますが、映画が公開になった時から明石家さんまさんが出演していると話題になっていましたね。
ところがさんまさんがどに出ていたのか見つけられなかったという人が大多数!
友情出演でエキストラとして出演しているということですが、いったいどこで出るのか、そしてこの映画の出演理由となったキムタクとの関係について調べてみました。


スポンサーリンク

マスカレードホテルでさんまが出てるのはどこ?

正直、映画をくまなく観ていてもさんまさんを見つけることはできません!
よほど注意深く観ていれば気づく人がいるかもしれませんが何も知らずに観ていると見つけるのは至難の業と言ってもいいのではないでしょうか…

なぜかというと

  • 顔がまともに映っていない
  • 映像がピンぼけ状態になっている
  • 帽子をかぶっている
  • エキストラ役で台詞がない

とこの条件でさんまさんだとわかった人は相当すごい!

ではどこに出ているのかというと、映画のエンディングに差し掛かったあたりからキャスト陣のテロップがゆっくりと流れ始めます。

しばらくして「明石家さんま(友情出演)」というテロップが出たまさにその時、フロントで
「お待たせしました。大竹様」
ルームキーを渡されているスーツに帽子をかぶった男性がさんまさんです!

さんまさんが映画に出ているということを承知の上で観た人でもなかなか見つけるのは難しいのではないかと思います。

増して知らずに観ていたならわかる人はほぼいないのではないでしょうか。

ということでマスカレードホテルでさんまさんが出るのは映画も終わりに差し掛かったあたり、「明石家さんま(友情出演)」というテロップが出たところです。

  • チェックイン後、キーを受け取ってエレベーターに向かう役
  • 苗字は「大竹」

という設定での出演でした。

そこで気になるのがなぜこの映画にエキストラとして出演したのかということだと思います。
そこにはキムタクとの意外な関係性があるようなのでそのあたりを探っていきましょう。

マスカレードホテルにさんまが出演した理由は?

マスカードホテルにさんまさんが出演することになったのにはちょっとしたエピソードがあるようです。

さんまとキムタクは大親友

さんまさんとキムタクは2002年のドラマ「空から降る一億の星」での共演をきっかけに公私ともに親交があることが知られています。

さんまさんとキムタクは17歳も歳の差があるのですが「空から降る一億の星」の撮影時にキムタクの方から距離を縮めていったとか…

というのもキムタクは「オレたちひょうきん族」でさんまさんが演じたブラックデビルの大ファンでドラマの撮影時には必ずさんまさんの移動車に乗り込んで話をしたそうです。

だんだんと打ち解けた二人は芸能人としての悩みを打ち明け本音で語り合うようになっていきました。

そしてロケで一緒の時にどっちも墓場まで持っていく話をし合ったそう…

「お互いの話がすごすぎてばらされたら困るのでもう仲悪くはできない」とさんまさんが語っていたそうです。

さんまさんは後になって「共演者に何をゆうてしもたんやろ…」と後悔するほどの内容だったみたいですが、逆にふたりの絆が深まったようです。

そんな話をし合えるほどふたりの仲は親密なんですね。

人には言えないことを共有しあいお互いのことを大事にし合っている特別な関係なんでしょう。

年齢など関係なくそのような絆で結ばれているさんまさんとキムタクはまさに大親友。

そんなさんまさんがキムタクの出演する作品に出演依頼することは何ら不思議なことでもなさそうです!

スポンサーリンク

さんタクにより明かされたさんまの出演

2018年の元旦に放送された明石家さんまと木村拓哉による特番「さんタク」によって、さんまさん自らが映画出演を志願しエキストラとして参加したことが明らかにされました。

それによってさんまさんがどこに出ているのか話題になりましたね。

やはり、さんまさんが出演すると聞いていてもどこに出てるのかわからなかった人が大多数のようです。

まとめ

「マスカレードホテル」映画でさんまさんが出ているのは最後の方の「明石家さんま(友情出演)」とテロップが出るところです。
ほんとうに気を引き締めて見ないとわからないくらいですのでお見逃しのないように!

最後までお読みいただきありがとうございました。