ちょっと知りたい見たいをお届け

トイストーリー3悪者のクマのロッツォの過去と最後は?エンディングのその後はどうなった?

2020/05/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

トイストーリー3で登場したクマのぬいぐるみロッツォ。

ピンク色でイチゴの匂いがするテディベアです。

ウッディの仲間たちは誤解から保育園に行くことになってしまったのですが、最初温かく迎えてくれたのがロッツォでした。

ところが劇中でロッツォはなんと保育園のおもちゃたちを支配する独裁者で悪者でした。

なぜロッツォが悪者になったのか…

その原因はロッツォにも哀しく辛い過去の経験があったのです。

今回はそんなロッツォの哀しい過去と最後、エンディングのその後を探っていきたいと思います。

悪者のクマのぬいぐるみロッツォを解説

ロッツォは、サニーサイド保育園にいたピンクのクマのぬいぐるみです。

見た目のかわいさとは裏腹に中身はモンスター。

そんなロッツォの本性とは…

ロッツォの策略

ウッディと仲間たちが最初に会ったときは優しいクマを装っていて、保育園ではもう持ち主に捨てられることもなくずっと遊んでもらえることを力説していました。

先頭を切って保育園を案内するロッツォ。

ウッディの仲間たちは保育園に来たことを喜びますが、まんまとロッツォの策略にはめられていたのです。

ロッツォが仲間たちを案内したのは「イモムシ組」。

そこは小さい子どものクラスでおもちゃの扱いも情け容赦なかったのです。

そこに閉じ込められた仲間たちは散々な目にあうことに…

ウッディは抜け出していたものの、耐えられない仲間たちを救おうとロッツォに直談判をしに向かったバズ。

そんなバズをなんと初期化して支配下に置き、仲間たちが帰ることを阻んだロッツォ。

サニーサイド保育園のおもちゃたちはすべてロッツォに支配されていたため、仲間たちは大ピンチに陥ることになります。

ロッツォはあらゆる手段を使いすべてのおもちゃを支配しようと目論む悪者であったのです。

恩を仇で返すロッツォ

一度は保育園から抜け出していたウッディですが、仲間を助けるために再び戻ります。

計画を練り、なんとか皆で抜け出すことに成功しますがまたもやそれを阻むロッツォ。

その後ゴミ焼却炉に行ってしまうウッディたちですが、ビッグベビーによって道連れになったロッツォはゴミに挟まれて大ピンチに…

そんなロッツォをウッディは自分の危険も顧みず助けます。

ウッディの行動に感動する場面でしたよね!

誰もがこれでロッツォも改心するんだろうなと思ったはずですが、なんと!

非常停止ボタンを押すからと自分だけ引き上げてもらい、ボタンを押さずに逃げたロッツォ。

助けてもらったのにウッディたちを助けない恩を仇で返す非情なロッツォには呆れましたね。

ほんとうに改心しない悪者ロッツォでしたが、ロッツォがそんな奴になったのは彼が経験した哀しい過去が原因でした。

悪者のクマのぬいぐるみロッツォの過去

ロッツォはほんとうに悪者でしたが、ロッツォにも哀しい物語がありました。

ロッツォももともとはデイジーという優しい女の子に大事にされていました。

デイジーとずっと一緒で幸せだったロッツォ。

ある日ドライブに出かけたデイジーは一休みした先で眠ってしまい、一緒に連れてきていたおもちゃたちを忘れて帰ってしまったのです。

戻ってきてくれることを信じていたロッツォ達ですがデイジーは戻らなかった。

でもあきらめきれないロッツォたちはやっとの思いで自分たちで家に帰りました。

そこでロッツォが目にしたものは

自分と同じピンク色のクマのぬいぐるみを愛おしそうに抱くデイジーの姿。

絶望したロッツォはその日を境に変わったのです。

その後さまよったロッツォはなんとかサニーサイド保育園に侵入しおもちゃを支配する独裁者になったのでした。

大好きだったデイジーが自分と全く同じクマを持っていたことを知ったロッツォの絶望した気持ち。

それは相当なものだったのでしょうね。

とはいえ、最後の最後まで改心しなかったロッツォ。

ウッディたちを助けていれば仲間になれたかもしれなかったのに、結局最後も哀しい結末が待っていました。

ロッツォの最後とエンディングのその後

ロッツォの最後

ゴミ焼却炉でピンチだったウッディたちは間一髪でエイリアンに助けられます。

そこで気になったのが逃げたロッツォがどうなったのかでした。

ロッツォは焼却炉から脱出し、道を歩いているときにトラックが来ることを察し落し物のふりをします。

運よく見つけ、拾い上げてくれたトラックの運転手。

車の中に連れて入ってくれることを期待したのでしょうが、なんとロッツォはゴミ収集車のフロントに張り付けられてしまいました!

この運転手は以前にロッツォと同じぬいぐるみを持っていたと言っていたので、ぬいぐるみが好きなんでしょうね。

他にも張り付けられているぬいぐるみがあることから、今は車に張り付けることで楽しんでいる様子。

先に貼り付けられていた先輩ぬいぐるみに「口は閉じておけよ!」と言われていましたね。

きっと車のフロントは過酷なんでしょう…

ロッツォの最後は運よく拾われたものの車のフロントに張り付けられてしまい、風雨にさらされるというものでした。

悪いことをしたとはいえちょっとかわいそうな気もしますが…

エンディングのその後はどうなった?

ロッツォの運命は、最後車のフロントに張り付けられるというものでしたが、その後はいったいどうなったのでしょう。

劇中ではその後のことに触れられていないので私なりに考察してみました。

ロッツォはおそらく泥や飛び石、雨風にさらされてボロボロになっていくのではないでしょうか。

運転手は道端で拾ったとは言え、フロントに張り付けたわけですからロッツォに対してそんなに愛着があるわけではなさそうです。

なのでボロボロになった最後はどこかに捨てられる運命なのかなと思います。

ウッディたちとピンチに陥った時に改心していればこんなことにならなかったのに残念ですね。

そこは自業自得なので仕方ないと思いますが、ロッツォの哀しい過去を考えると少しかわいそうな気もします。

なのでこうなればいいのになと思うことは…

車への張り付け方が甘くて走っているうちにはずれてしまいまた道端に転がることになります。

そこへ通りがかった心優しい子どもに拾われて連れて帰ってもらいます。

そしてきれいにクリーニングされてまた大切にされるということになってほしいなと…

デイジーに大切にされたようにまた大切にされる持ち主にめぐり合えたら今度こそロッツォは改心できるのではないでしょうか。

ロッツォのその後がそんな風だといいなとちょっと思いました!

まとめ

映画「トイストーリー3」の悪者ロッツォについて解説しましたがいかがでしたでしょうか。

哀しい過去には同情しますが、最後の裏切りはちょっといただけませんでしたね。

見た目がピンク色でかわいいだけにインパクトは大きかったですが…

そしてトイストーリー3はウッディの勇敢な行動に感動した作品でもあり、ますますウッディのファンになりました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

<関連記事>
トイストーリー3でウッディが黄色い付箋にメモした内容は?仲間のダンボールに入った理由も

トイストーリー3でバービーとケンはその後どうなった?最後はハッピーエンド?

トイストーリー3でクマのロッツォが杖をついている原因はピザプラネットのトラック!?哀しい過去についても

トイストーリー3ビッグベビーが怖いけど大きさは?ブランコシーンとその後について解説

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© なおブログ , 2020 All Rights Reserved.