日々の生活に取り入れたいことを気ままに発信しています

トイストーリー2アンディのママはエミリー(ジェシーの持ち主)?母親説は本当?

2020/03/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

映画トイストーリー2ではウッディの仲間ジェシーが登場します。

ジェシーはエミリーという少女に愛され大切にされてきました。

でもエミリーの成長とともに忘れられ最後は捨てられてしまうという哀しい過去を持っています。

そのエミリーが実はアンディのママだったという説があるようですが真意のほどはどうなのでしょうか。

トイストーリー2・エミリー(ジェシーの持ち主)について

 

ジェシーはウッディたちと「ウッディのラウンドアップ」という人形劇に登場していたカウガール人形。

以前は女の子のお気に入りのおもちゃとして大切にされていました。

その女の子こそがエミリー。

いつも一緒で大親友だったとジェシーは言っています。

でもエミリーはだんだんと成長していきます。

それに従い他のことに興味を持つようになったエミリー。

ジェシーはベッドの下に落ちたことも気づかれずにそのままエミリーから忘れ去られてしまうのです。

ある日、やっとのことで見つけてもらえて喜ぶジェシー。

ところがチャリティー行きのダンボール箱に入れられ捨てられてしまったのです。

それからは長い間倉庫の段ボールの中にいたためダンボールに入れられることを極端に嫌がるようになってしまったのです。

エミリーはアンディの母親説が生まれた理由

カウガール人形ジェシーのもとの持ち主がアンディのママだったという説についてはネット上でも噂になっていました。

このようにジェシーのもとの持ち主エミリーはアンディのママだったいう意見もあるようです。

劇中でエミリーをよく見てみるとエミリーはジェシーとお揃いに見えるカウボーイハットをかぶっています。

劇中ではアンディもいつもカウボーイハットをかぶっていますよね。

アンディのママがアンディに与えたそのカウボーイハットデザインが同じことからアンディのママはエミリー?と言われるようになったようです。

それと同時にジェシーが昔の思い出を語るシーンがアンディの親世代の様なひと昔前を思わせる描写であったことも要因のようです。

アンディのママはエミリーなのは本当?

作品での登場人物としてアンディのママはデイビス夫人とされています。

ファーストネームは公開されていないのでこの名前だけではアンディのママがエミリーだと確認することはできません。

結論としてエミリーはアンディのママではないようです。

そのことは「トイストーリー」の原案を担当したピート・ドクターさんによって否定されています。

ファンの間でささやかれている、『トイ・ストーリー』シリーズに登場するカウガールの人形ジェシーの元の持ち主はアンディの母親だったという説について、製作スタジオであるピクサー側の見解は「少し違う」という。ピクサー映画『インサイド・ヘッド』などで監督を務め、『トイ・ストーリー』の原案を担当したピート・ドクターが、Entertainment Tonight のインタビューで明かしている。
引用元:シネマトゥデイ   

そして劇中でアンディがかぶっているカウボーイハットとエミリーがかぶっているカウボーイハットをよく見比べてみると…

エミリーがかぶっているカウボーイハットのリボンの色はでアンディのカウボーイハットのリボンはだということに気づきます。

よく似たカウボーイハットであるが別物だということがいえるのではないでしょうか。

なのでアンディのママが昔かぶっていたジェシーとおそろいのカウボーイハットをアンディに与えたということでななさそうです。

また終盤でジェシーはウッディとブルズアイとともにアンディのもとに行きますが、もしアンディのママがエミリーだったのなら何らかのアクションがあってもいいように思います。

昔自分が捨てたジェシーが帰ってきたわけですから…

でもアンディが「新しいおもちゃが増えた!」と喜ぶ場面だけでした。

そんなことから原案者が否定している通り、エミリーはアンディのママではないと言えそうです。

まとめ

アンディのママはジェシーのもとの持ち主のエミリーだったのかについて探ってみましたがいかがでしたでしょうか。

残念ながらエミリーはアンディのママではない可能性が高かったですが、もしママがエミリーだったらまたおもしろい展開があったかもしれませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

<関連記事>
トイストーリー2ウッディの価値・値段はいくら?プレミア価格と盗まれた理由についても

トイストーリー2日本の博物館が取引先なのはなぜ?モデルになった小西博物館・ブリキのおもちゃ館は実在する?

トイストーリー2プロスペクターの最後は?博物館行きに固執した理由についても

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© すぅぱぁ直子のどっと混むブログ , 2020 All Rights Reserved.