映画

リメンバーミーのヘクターの歩き方が変なのはなぜ?足の骨折と設定についても

映画「リメンバー・ミー」で死者の国に迷い込んだミゲルが出会った陽気なガイコツ「ヘクター」。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

runko(@charomame)がシェアした投稿

そのヘクターの特徴はちょっと変な歩き方。
気になった人も多いのではないでしょうか。

今回はなぜヘクターの歩き方が変なのかについて探っていきたいと思います。

リメンバーミーで登場する魅力的なガイコツたち

映画「リメンバーミー」では陽気で愛嬌のあるガイコツたちが数多く登場します。

このガイコツのキャラクターを描くことはピクサー史上初の試みであったようですが、本来は怖い・不吉といったようなイメージのガイコツをここまで魅力的な存在として描いたのはさすがだなと思います。

ピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)は、ウォルト・ディズニー・スタジオ傘下のアメリカ合衆国の映像制作会社。
引用元:Wikipedia

ガイコツには目や鼻もなく髪の毛もありません。

そんなガイコツに人間性を持たせ、魅力的な存在として描くためにとった策はキャラクターの顔にフェイスペイントを施すことだったそうです。

この物語のモチーフはメキシコの死者の日であり、実際の死者の日のお祭りでは人々がフェイスペイントをして楽しみます。

そのことからガイコツにもカラフルなフェイスペイントを施すことで怖さがなくキュートで魅力的な個性あるキャラクターたちが誕生しました。

特にミゲルと大きく関わることになるヘクターの個性として描かれた「少し変な歩き方」

それはどういう設定だったのでしょうか。

ヘクターの歩き方が変なのはなぜ?

ヘクターの大きな特徴は歩き方

劇中でミゲルがヘクターの歩き方を真似ていると、ヘクターが「その動きは?」と問いかけます。
ミゲルは「変装のガイコツ歩き!」と答えるシーンがあります。

ミゲルはフェイスペイントによってガイコツに変装し歩き方もガイコツに似せているというのですが、ヘクターは「俺たちはしない」と言います。
が、ミゲルは「ヘクターはこんな歩き方だよ」と…

そこでヘクターは少しおどけたように「やめろよ」と言っているシーン。

唯一ヘクターの歩き方を取り上げた場面でしたがとても印象的なシーンでした。




ヘクターの歩き方の設定とは?

なぜヘクターの歩き方が変なのか、その理由は死者の国でのガイコツに個性を持たせるためにフェイスペイントを施したことは上記の通りですが、その中でも主人公ミゲルの相棒的な存在であるヘクターにはもっと個性が必要だったのでは?と思われます。

そのことから歩き方に特徴を持たせたのではないでしょうか。

歩き方が変な理由、それは

ヘクターにはいくつか骨折している骨がある

という設定なのです。

劇中ではヘクターが骨折している骨があることに関しては触れられていませんが、ピクサーのキャラクター制作者によってそのことは明かされています。

ヘクターの足をよく観察してみると左足に包帯の様な布が巻かれているのにも気づくことができます。

ガイコツだらけの死者の国で個性を持たせるための設定がヘクターの場合「骨折により変わった歩き方をする」ということなのです。

ヘクター以外のガイコツにも細かな設定がなされているので探しながら観てみるとおもしろいですね!

一人一人に細かく違う個性を持たせることで、誰もが魅力的に感じるキャラクターを誕生させたいというキャラクター制作者の意図が感じられます。

ヘクターは大腿骨を借りている?

そして歩き方が変な理由についてひとつ気になることがあります。

写真も祭壇もなく家もない忘れられた者同士が集まっている場所にヘクターはミゲルのためにチチャロンというおじさんにギターを借りに行きます。

すぐ返すというヘクターにチチャロンは車も冷蔵庫も返ってこないと渋ります。

そこで「大腿骨も返せ」というのです。

ヘクターは大腿骨を借りたまま…ということはチャチャロンの大腿骨を使っているということではないかと…

他人の大腿骨を使っているのだとしたら…

当然合わなくて歩き方が変になるのではないでしょうか?

このシーンをみてふとそう思った私なりの見解ですが、これもひとつの理由であるような気がします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ヘクターの歩き方が変なのはいくつか骨折している骨があるというキャラクター設定で個性を持たせるための演出でした。
ガイコツをここまでキュートで魅了的に描いたこの作品は何度でも観たくなりますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事>リメンバーミーのヘクターがかっこいい理由!正体と生前の姿についても