アニメ・漫画

「転スラ」ラプラスの正体や強さは?仲間の中庸道化連メンバーについても

「転生したらスライムだった件」に登場するラプラスは、中庸道化連の副会長でピエロのような風貌をしています。

「ワイ」などと関西弁を話すラプラスとは一体何物なのか…。

今回はラプラスの正体や強さと仲間である中庸道化連のメンバーについてお届けします。

スポンサーリンク

「転スラ」ラプラスの正体

ラプラスは早くから登場しますが、謎が多いキャラクターなのでいったい何者なのか気になります。

ラプラスは中庸道化連の副会長

ラプラスは中庸道化連の副会長で享楽の道化(ワンダーピエロ)の異名を持ちます。

中庸道化連の中でも最強でかなりの力を持つ魔人。

仲間思いですが用心深い性格をしています。

ラプラスは以前に死闘で死にかけたことがあり、その時に出会ったカザリーム(中庸道化連の会長)によって妖死族として生まれ変わり仲間になりました。

クレイマンに協力をしていたラプラスはクレイマンの師匠でもあります。

ラプラスはクレイマンの師匠

魔王クレイマンも中庸道化連の一人で、ラプラスはクレイマンの師匠という立場です。

クレイマンもラプラスのことは誰よりも信用できる友だと言っています。

クレイマン発議で魔王達の宴(ワルプルギス)を開催することを提案したのはラプラス。

弟子であるクレイマンの目的を叶えようと動きますが、クレイマンはミリムの力を手に入れたことからかなり調子に乗っていました。

実はミリムはクレイマンに操られているフリをしていたのですが、用心深いラプラスは何か違和感を感じていたのでしょう。

再三クレイマンに忠告をしますがクレイマンは聞く耳を持ちませんでした。

結果、クレイマンは魔王達の宴でリムルに捕食されてしまう最期を迎えます。

そこで初めてラプラスの言う通りだったこと、ラプラスはいつも正しいことを痛感しますが時すでに遅し。

クレイマンにとってラプラスは偉大なる師匠だったことが死んでから分かるという皮肉な出来事でした。

そんなラプラスの強さは中庸道化連の中でも群を抜いているようです。

「転スラ」ラプラスの強さ

今のところ、アニメではラプラスの強さを知れる場面はありませんでした。

ですがラプラスは自分でも「ワイは強い」というほどかなり強いキャラクターです。

ロイ・ヴァレンタインを瞬殺

ロイ・ヴァレンタインは魔王ルミナス・バレンタインの影武者として魔王を演じていました。

参加した魔王達の宴でミリムとヴェルドラのせいで正体がバレてしまい戻ったところ、再び侵入していたラプラスと遭遇します。

クレイマンが死んだことを告げ笑うロイに激怒したラプラスはロイを殴リ続けます。

「超速再生」を持つロイには無意味に思われましたが、なんとラプラスはロイの心臓を奪い取っていました。

そして心臓を握りつぶしロイを瞬殺。

「せや、ワイは強いんや」

その言葉通りラプラスの強さは本物でした。

ロイの強さも魔王級。決してロイが弱いわけでありません。

そのロイを瞬殺したラプラスなので、かなり強いと断言できます。

2つのユニークスキルを駆使

ラプラスは2つのユニークスキルを駆使することで、中庸道化連最強の強さを誇ります。

ひとつめのスキルはは詐欺師(アザムクモノ)。

相手の認識に干渉して翻弄するスキルに加えて何もないところから武器を召喚したり偽装することができるスキルです。

このユニークスキルによって自動防衛が働くラプラスは、姿が見えない敵にいち早く気づくことができます。

なので不意打ちをくらって大ダメージを受ける可能性も低く、敵わない相手からは逃げるという戦術も有効になります。

ふたつめのスキルは未来視(ミエルモノ)。

数秒先の未来を見通せるスキルです。

相手の攻撃を先読みすることができるので、どんな攻撃が来るのかわかり避けることも可能です。

そしてアザムクモノが相手に通用するのかもわかるので効率よく戦えます。

相手や未来がわかるこのふたつのスキルを持つラプラスはまさに最強の魔人といえますが、実はとても仲間思い。

そんなラプラスの仲間である中庸道化連のメンバーとは…。

スポンサーリンク

「転スラ」ラプラスの仲間・中庸道化連のメンバー

中庸道化連とはピエロの格好をした魔人の組織であり、仲間を裏切らないことが絶対のルールである集団。

世界征服を目標に世界で暗躍するラプラスの仲間はカザリーム、クレイマン、フットマン、ティアとなります。

カザリーム

カザリームは中庸道化連の会長で呪術王(カースロード)と称される元魔王。

クレイマン、ラプラス、フットマン、ティアを妖死族として生み出したのがカザリームです。

200年前にレオンを襲ったものの返り討ちにあい殺されてしまいました。

ユウキにより復活を果たし表向きは自由組合の副総帥(サブマスター)を務めユウキをボスとし従っています。

レオンへの復讐を遂げるまで「カガリ」と名乗るようになります。

クレイマン

クレイマンも中庸道化連の一人でカザリームとは同郷の出身です。

クレイマンについてはこちら↓↓

「転スラ」クレイマンの目的と最後どうなった?強さやカザリームとの関係も「転生したらスライムだった件」に登場するクレイマン。 何かと多くの企みを持つクレイマンの真の目的とは何だったのでしょうか。 今回は魔...

フットマン

怒った道化(アングリーピエロ)の異名を持つフットマン。

太めの体つきに怒った道化の異名通り、激しく怒る事が多い。

ユニークスキル「増幅者(フトルモノ)」を所持し、エネルギーや物質を意のままに増幅できる。

莫大なエネルギーをぶつける攻撃を得意としています。

ティア

ティアは涙目の道化(ティアドロップ) の異名を持つ女性。

素早く動くことが得意で基本的にラプラスたちの指示に従って行動します。

所持するユニークスキル「楽天家(ムチナルモノ)」は命令を受けたときのみ身体能力を3倍に引き上げるという能力。

指示通りに動くことを最上とするティアならではのスキルです。

まとめ

「転生したらスライムだった件」に登場するラプラスの正体や強さと仲間の中庸道化連メンバーについてお届けしました。

中庸道化連は謎が多い集団ですが、カザリームの復活、クレイマンの死により今後の動きがどうなるのか…。

そしてカザリームを復活させたユウキの存在。

この先、リムルたちに中庸道化連がどのように関わってくるのか気になるところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「転スラ」の小説・漫画・アニメ全てを堪能するならU-NEXTがおすすめ!
31日間の無料トライアルでもらえるポイントで漫画も600円分無料!

\U-NEXTの31日間無料トライアル登録はこちら/

本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

<関連記事>

「転スラ」原作の小説と漫画の違いとどっちを読むべき?アニメ2期2部はどこから?

「転スラ」ヴェルドラが封印から復活できた理由は?人型の姿についても

「転スラ」ディアブロの初登場はいつ?召喚理由と裏切る可能性についても

「転スラ」カリオンは死亡せず生きてる?その後やミリムの意図もネタバレ!

「転スラ」魔王ミリムの過去を解説!ヴェルドラとの関係についても

「転スラ」フレイは弱い?魔王を脱退した理由やミリムとの関係も