アニメ・漫画

「東京リベンジャーズ」稀咲鉄太の目的と正体は?タイムリープや死亡についても

「東京リベンジャーズ」に登場する稀咲鉄太(きさきてった)はこの物語の中でかなり重要な人物ですよね。

作品の序盤から登場しますが、稀咲の目的や正体がイマイチ謎でした。

稀咲はいったい何がしたいのか、そしてその正体とは…。

今回は稀咲鉄太の目的や正体、タイムリープしてたのかや死亡についてお届けします。

※この記事はネタバレもあります。

スポンサーリンク


「東京リベンジャーズ」稀咲鉄太の目的

何かとカギを握っていそうな稀咲鉄太。

組織の中ではまさに「ブレーン」と呼ばれる存在でした。

自分にリスクを冒すことなく簡単に人を使って殺しができた稀咲ですが、いったい何の為にそのようなことをしたのでしょうか。

稀咲鉄太の真の目的とは

稀咲の目的はただひとつ、

橘日向(ヒナ)を自分のものにすること

それだけです。

稀咲は純粋にヒナのことが好きで好きでたまらない。

あまりにもヒナのことが好きすぎてその感情が間違った方向へと向かってしまったが故、稀咲はあらゆる悪事に手を染めるようになったのです。

稀咲とヒナの出会い

稀咲は小学生の頃、ヒナと同じ学習塾に通っていました。

稀咲を知っているというヒナの言葉に驚いたタケミチに、ヒナはそのように説明していました。

稀咲は成績優秀で全国模試1位を取るほど頭が良く神童とまで呼ばれていましたが、いわゆるガリ勉タイプで女子からは敬遠されていました。

そんな稀咲をヒナだけは「いい子だよ」と言い、一緒に帰ったりしていました。

稀咲はヒナを好きになりヒナもまた神童である自分を好きになると思い込んでしまいます。

ヒナが好きになったのはタケミチ

ところが、ヒナは中学生に泣かされている自分を助けてくれたタケミチに心を奪われてしまいます。

タケミチは中学生にはかないませんでしたが、負けるとわかっている相手に挑んでいったタケミチの姿にヒナは恋をします。

ヒナが好きになったのはタケミチだということが稀咲を間違った方向へと導く大きなきっかけになります。

タケミチが目指した日本一の不良

タケミチにとって不良はヒーローでした。

ある日タケミチが「中学生になったら日本一の不良になる!」と言っているのを稀咲は聞きます。

ヒナが好きな相手が”日本一の不良”なら自分も”日本一の不良”になるしかないと思い込む稀咲は計画を立てます。

その結果たどり着くのが東京卍會総長・マイキーこと佐野万次郎でした。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズ」稀咲鉄太の正体

稀咲は「愛美愛主」幹部、「東京卍會」参番隊隊長、「天竺」総参謀などの座に君臨し組織を操ってきた黒幕。

そんな稀咲の真の正体は「ヒナを殺し続けてきた」張本人です。

タケミチはヒナの死を阻止するべくタイムリープしますが、何度過去を変えても2017年でヒナは死んでしまいます。

タケミチが何度過去を変えても稀咲はヒナを殺すのです。

稀咲はなぜヒナを殺し続ける?

ヒナは東京卍會の抗争に巻き込まれ死亡します。

タケミチは元凶である東京卍會が存在しなければヒナが死ぬことはないとタイムリープします。

しかし過去を変えてもまたヒナは死ぬ…。

稀咲がヒナを殺し続ける理由は振られた腹いせ…?

タケミチはそう思ったようですが、それだけではないような気がします。

稀咲鉄太はタイムリープしてたのか?

タケミチは何度過去を変えてもヒナが死ぬのは、稀咲もまたタイムリープし過去を変えているからだと思っていました。

が、稀咲の言葉からタイムリーパーではなかったことが判明します。

ではなぜタケミチが過去を変えてもヒナは稀咲に殺されるのでしょうか。

そして稀咲はタケミチがタイムリープして自分の計画を阻止していることを知っていた。

そこが謎で気になるところなんですよね。

個人的に稀咲はタイムリーパーではないにせよ、何らかの能力を持っていた可能性があるのではと思いました。

何らかの能力を使って、ヒナが自分のものになるように過去を操作していたのかもしれません。

ヒナを自分のものにするためにはヒナを殺し続ける必要があった…。

ヒナが自分のものになるまで何度でもやり直してやる」という稀咲の言葉からその可能性もあると思いました。

そしてヒナはいつか絶対に自分のものになると豪語した稀咲。

恐ろしいほどのヒナへの想いを感じたと同時に、そこまで言うのにはきっと何かあったはずと思えてなりません。

そんな稀咲は意味深な言葉を残し…。

東京リベンジャーズで稀咲鉄太は死亡?

稀咲は「ヒナはいつか必ずオレのものになる」と断言し、自分がタイムリーパーではないこととその真意を伝えようとした瞬間、トラックにはねられてしまいます。

「死にたくねぇ」とつぶやいた稀咲が最期を迎えた瞬間でした。

これで稀咲はもうタケミチの前に現れることはなくなりました。

が、果たして稀咲はこれで終わりなんでしょうか。

個人的にはまた過去が塗り替えられて稀咲が死ぬことにならない現代があるかもしれないと思ったりしました。

それはタケミチが再びタイムリープできるようになるのか、何か他の方法なのかはわかりませんが…。

稀咲の死によって現れたタケミチの体の異変にも何か関係があるような気がしてなりません。

まとめ

「東京リベンジャーズ」稀咲鉄太の目的と正体、タイムリープや死亡についてお届けしました。

稀咲は序盤から登場し、どの場面でも何らかの形で関わってきた主要人物です。

かなり陰キャラなイメージもありますが、ただ単にヒナのことが大好きで仕方なかっただけのある意味純粋すぎる青年だったような気がします。

だからといってあのような屈折した愛情はいただけませんけどね。

最後までお読みいただきありがとうございました。